暗号資産

仮想通貨取引にかかる税金には注意が必要です!

 仮想通貨の税金には注意が必要

 
こんにちはmasato-kです!
 

今回は仮想通貨(暗号資産)の税金について

重要な部分のみご紹介いたします。

 

 
■ 20万以上の利益で税金の支払いが必要
 
■ 税金発生タイミング
 

 

意外と知られていない、

というか知る場所が少ないので

あまり知られていませんが

 

仮想通貨などで利益を取得した場合は

税金を納める必要があります。

 

20万円以上の所得を得た場合は確定申告が必要!

 
20万円以上の所得を得た場合には

基本的には確定申告をしなければならないのです!

 

これは仮想通貨だけに関わらず(サラリーマン)であれば

副業など、給料所得以外の所得での20万となります。

※サラリーマン(年末調整を受けている給与所得者)

 

仮想通貨での税金発生タイミング

 
仮想通貨での税金発生タイミングは

①暗号資産を売って利益が出る

取引所などで暗号資産を購入し、売った時点で利益が出れば税金がかかる。

②暗号資産を別の暗号資産に交換する

例えば、ビットコインをネムやイーサリアムに交換するなどした場合も利益が出れば税金がかかります。

③暗号資産で商品を購入する

店舗やインターネット通販などで、暗号資産を使ってモノを買うことができますが、このケースでも税金はかかります。

上記の3つになります!

コインを売却せずに持っている場合は

税金は掛かりませんのでご安心ください。

 

マサポンタは大丈夫だろうね!
pinちゃん(嫁)
マサポンタ(旦那)
うん大丈夫だよ!
ぜんぜん利益出ていないから💦
あぁ!!コラ
pinちゃん(嫁)
マサポンタ(旦那)
ひぃ~嘘だよ💦
ガチホしてるだけだから安心して

 

(まとめ)

 
仮想通貨取引による所得は雑所得に分類され、所得額によっては

株式投資やFXと比較して税率が高くなることがあります。

 

ばれないだろうと思って確定申告を怠ると、税務署に申告漏れを指摘され

ペナルティを受ける可能性がありますのでご注意下さい。

 

仮想通貨バブルの時に「億り人」という言葉が流行りました。

急騰する前からビットコインを購入していた人たちが

急騰後に莫大なお金を得たことがきっかけです。

 

この時は今よりも仮想通貨にたいして

税金の告知があまりされていないこともあり

後に税務署から多大な税金を取られたそうです。

 

みなさまもお気をつけ下さいね。

 
 

広告

にほんブログ村 にほんブログ村へ

© 2022 masablog