ファッション ブーツ

【最高のブーツ】トリッカーズ★モールトン★【口コミ・レビュー】サイズ感・履き心地

2020年11月15日

【最高のブーツ】トリッカーズ★モールトン★

 

こんにちはmasato-kです!

今回はイギリスの超有名ブーツ「トリッカーズ」の実際に履いている感想やサイズ感、履き心地についてお話しいたします。かれこれ15年位ずっと大切に履いているので思い入れもかなりあります!(2足目ブラウンも買ってしまいました)

ブーツばっかり買ってんじゃねーよ
足は2本しかないのよ
pinちゃん(嫁)
マサポンタ(旦那)
うっ💦
ブ・ブーツはソール交換をして
大切に履けば一生ものなので。。

 

セレクトショップの店長をしていた時に取り扱いがあったので実際に仕入れをして店舗で販売もしていました!

 

私は若いころからアメカジファッションがとても好きなので今でもコツコツとブーツを買い続けています('ω')ノ

ではでは早速ですがご紹介!

【トリッカーズ】15年履き続けた結果★履き心地と使用感

【トリッカーズ】定番ブーツ★モールトン★履き心地と使用感

写真は1年くらい履いた後ですが、初めはかなり革が固い為ブーツを履きなれていない方はけっこうしんどいかもしれません。それでも馴染んでくると「シュポ」と音がなるほどのフィット感です(もちろんサイズをきちんと選んだ場合)

 

どうしても初めから楽に履きたい場合は少し大きめを買って中敷き+靴下で調整する事も可能ですが、できればジャストで馴染ませて自分のブーツに仕上げていって下さい!

 

私は脱いだり履いたりが多く基本的には1日中、立ちっぱなしが多いので1サイズ上げて購入しています( ゚Д゚)邪道とは言わないで!

 

【トリッカーズ】サイズ選びのコツ★スニーカーとの比較

では私が実際にトリッカーズのサイズを選んだ方法は!!店のブーツを履きまくりました(笑)、店頭で履くのが1番いい事は間違いないのですが地方に住まわれている方や近くに取り扱いがない方の為にスニーカーとの比較と書いておきます!

 

「コンバース★ワンスター」はUSサイズで9=27cm、「VANS★スリッポン」はUSサイズで8=26cmで履いています!ジャストはUSサイズで8=26cmですがワンスターは大きめに履いて紐を締めたかったので9にしているだけです!

 

なのでトリッカーズでは1サイズ大きめが欲しかったので9で購入しています!

 

【トリッカーズ】15年間履いた上での「感想」は最高の一言

【トリッカーズ】定番ブーツ★モールトン★感想

 

最後に感想ですが、どうです見ていてワクワクしてきませんか?えっ私だけって?💦いや~でも本当にカッコいいんですよ!もともと伝統があるものが好きなんです!なのでブーツ以外でもジーンズや革小物も大好きです('ω')ノ

 

高くでもしっかりとした理由があるものは納得して買えますからね。革への拘りや製法、職人が作り上げる至高の一品です!そういった意味ではアメカジにはそういうアイテムが数多くあるので好きなのかもしれないです。100年以上続いているブランドが沢山あります!

 

ちらみに価格は今は大体4万~5万といったところでしょうか!わたしが購入した時はたしか7万くらいした記憶が💦めっちゃお買い得になっていてビックリした!

 

マサポンタ(旦那)
ハッ!
これはもう1足買っても良いってことなのでは!!
あぁっ(怒)
pinちゃん(嫁)
マサポンタ(旦那)
ひぃぃ💦
嘘ですやん。
買いませんやん。
お~怖。
みなさまも高い買い物する時はご注意を!

 

今回はこのくらいにしておきますがブーツに迷ったら間違いなく候補に挙げて頂きたい1足です。下記に一応ですが補足としてトリッカーズの簡単な説明を記載しておきます!

 

こちらのページを見られているくらいですので既にけっこう調べられているとは思いますが一応ね★

ではまた!

(説明)
靴作りの名人である「ジョセフ・トリッカー」が1829年に創立し、「英国王室御用達」の称号を授かっている英国の老舗ブランド「トリッカーズ」がリリースしているブーツ「モールトン」。フォーマルからカジュアルなスタイルまでどんなスタイルにも合わせやすく、防水加工が施されているため耐久性も高くなっているブーツです。
 
ウイングチップ(つま先の飾り模様)は単なる飾りの意味合いだけではなく、通気性や水はけをを良くする効果も兼ね備えております。一人の職人が製靴の最初から最後までを責任持って受け持つベンチメイドを採用し伝統的なハンドメイドの技術を存分に感じていただけるカントリーブーツとなっております
 
【製法】グッドイヤーウェルト製法
【生産国】MADE IN ENGLAND

広告

にほんブログ村 にほんブログ村へ

© 2022 masablog